カジノ・ハイローラーにオススメの車を一挙ご紹介

賭け金の額やどこでプレイするかによって、「ハイローラー」になれるかどうかが決まってきます。一晩(ギャンブル旅行なら2晩かもしれませんね)を過ごすことになる実店舗のカジノでは、最初のデポジットと賭け金の額であなたがハイローラーか否かが決まります。

ヨーロッパの大半の実店舗カジノでは、デポジット1万ドル、ブラックジャックでの1ハンドあたりの賭け金100ドル、またはスロットでの1スピンあたり25ドルでハイローラーとして認められます。ベラージオやウィンといったラスベガスの高級店では、容易にその10倍以上の金額が基準となってきます。そういったカジノのハイローラーは、ポーカーやブラックジャックで1ハンドあたり10万ドルを賭けることもあります。

ロンドンのリッツクラブは英国で最も高級なカジノで、ハイローラーたちが頻繁に訪れます。5つ星のホテル内にあるこのカジノでは1,000ポンドでプライベート会員になると、特別待遇を受けることができます。

それでは、ハイローラーにオススメの車をご紹介していきましょう。

 

  1. フェラーリSF90ストラダーレ

フェラーリのレースカーであるラ・フェラーリの後継として誕生したこの車は、同社史上最も高性能なロードカーです。また、同社のテストトラックであるフィオラノの最速ラップタイムを記録しています。さらにプラグインハイブリッド車でもあり、電気で最長24km(15マイル)走行可能です。SF90ストラダーレは、他とは全く異なるフェラーリとも言えます。CO2排出量ゼロの通勤車としても使える、素晴らしい一台です。 

 

  1. ランボルギーニ ウラカン EVO

手作業で製造された世界で最も貴重で高価な逸品が、このランボルギーニ ウラカンEVOです。街行く人々の視線を釘付けにする美しさ、獰猛さ、解き放たれた個性、圧倒的なドラマ性が特徴。また、EVOには後輪駆動のバリエーションもあります。美しいV10エンジンは四輪駆動版よりも若干パワーで劣るものの、前輪駆動のシャフトを外したことで大幅な個性とダイナミックな魅力を手に入れました。疑いの余地なく、最高の一台です。

 

  1. アストン・マーチンDBS V12

史上最高の映画キャラクターの1人である007が運転したことで、最もカジノに合う車のひとつとなったのがこの一台です。この車で優雅にカジノを訪れ、マティーニをステアではなくシェイクで注文したいところです。

2022年製アストン・マーチンDBSは、715馬力のV-12エンジンを搭載し驚異的な速さを実現しているので、それ違った人は精巧なシートメタルをじっくり眺める時間すらないでしょう。最高時速340km(211マイル)を誇りますが、DBSの良さが最大限に生きるのは、モンテカルロ・コーストやロデオ・ドライブをのんびり低回転数で走行している時です。

フェラーリの812スーパーファストやマクラーレンの765LTといったライバル車の方が鋭いハンドリング性能を持っており、よりトラック仕様と言えます。とは言え、豪華なインテリアやボンドスタイルの見た目に惹かれるドライバーにとっては、DBSこそが「スーパーカー」だと言えるでしょう。